大分空港の概要

大分空港の概要

  • 大分空港の概況
  • 大分空港クロニクル(編年史)

大分空港クロニクル(編年史)

和歴(西暦) 諸元
昭和13年(1938) ・旧大分空港は旧大分海軍航空隊基地として大分市内に開設
昭和31年(1956) ・5月:終戦を経て米駐留軍から返還
・7月:運輸省が空港整備に着手
昭和32年(1957) ・3月10日:旧大分空港が国内線の第二種空港として供用開始(大分市今津留)
  滑走路:1,080m x 30m 総面積:1,888,421平方メートル
昭和33年(1958)

昭和39年(1964)
・旧大分空港は大分市街地に近く、滑走路の両端を大分川・裏川に挟まれた地形上の問題に加え、大分地区新産業都市開発計画により、航空旅客の需要増大に対処するための空港施設拡充、特に滑走路の延長が不可能となった
昭和40年(1965) ・大分県新空港建設促進協議会発足
昭和41年(1966) ・航空局現地調査及び試験飛行実施
・航空管制上の問題のない現在の安岐・武蔵地区が適地として決定
昭和43年(1968) ・新大分空港設置申請、許可
昭和45年(1970) ・7月4日:新大分空港起工式
昭和46年(1971) ・10月12日:ターミナルビル完成
・10月16日:現大分空港供用開始 滑走路:2,000m x 45m 総面積:1,038,200平方メートル
・開港時の定期便は、全日本空輸(ANA)及び東亜国内航空(TDA)の2社により、6都市(東京・名古屋・大阪・高松・福岡・鹿児島)に16往復
・開港と同時に、空港と大分市内を最短距離、最少時間で結ぶ我が国唯一のホーバークラフトが就航
昭和48年(1973) ・新大分空港の名称を「大分空港」に改称
昭和51年(1976) ・10月:開港5周年を記念して香港へ初のチャーター便を実施
昭和53年(1978) ・7月20日:全日本空輸(ANA) 大分~東京路線開設(ダブルトラッキング化)
・10月1日:東亜国内航空(TDA) 大分~長崎路線開設(昭和58年10月31日廃止)
昭和54年(1979) ・年間乗降客数100万人突破
昭和56年(1981) ・7月:検疫飛行場に指定、大分空港検疫所開設記念しシンガポールへの国際チャーター便運航(ANA)
昭和57年(1982) ・3月15日:大型機用エプロンの供用開始、東亜国内航空(TDA)エアバスA300就航
・12月1日:旅客ビル(出発専用)の増築、供用開始
・12月10日:当初2,000mであった滑走路を第1期工事として北側に500m延長し供用開始
昭和58年(1983) ・1月20日:南側500m滑走路延長工事着工
・3月:旅客ビル(到着専用)の改築、供用開始
・6月17日:有料駐車場営業開始
昭和60年(1985) ・11月15日:全日本空輸(ANA) 大分~沖縄路線開設
昭和62年(1987) ・4月29日:朝日航空 大分~松山~広島を結ぶ「西瀬戸エアリンク」開設(平成3年3月31日止)
昭和63年(1988)
・10月31日:滑走路を第2期工事として南側に500m延長し3,000m供用開始。完成を記念しオーストラリアチャーター便を実施
平成2年(1990) ・年間乗降客数150万人突破。
・12月1日:日本エアシステム(JAS)大分乗員訓練所開設
平成3年(1991) ・4月1日:ジャルフライトアカデミー 大分~広島路線開設
・10月16日:現空港開港20周年。                                     
・11月25日:大分空港道路開通。                                      
・12月4日:旅客ターミナルビル(到着専用)供用開始、同時にホーバークラフト空港内に直接乗り入れ開始
平成4年(1992) ・3月28日:国際線ターミナルビル供用開始
・4月6日:大分空港初の国際定期路線としてソウル線が大韓航空により開設
・6月19日:日本エアシステム(JAS) 大分~札幌(千歳)路線開設
・10月1日:日本エアコミューター(JAC) 大分~鹿児島路線開設(日本エアシステムから移管)
平成5年(1993) ・3月22日:日本航空(JAL)大分~東京路線開設、東京路線トリプルトラック化(ANA,JAS,JAL)
平成6年(1994) ・9月4日:全日本空輸(ANA) 大分~関西路線開設。日本航空(JAL) 大分~大阪(伊丹)路線開設、大阪路線ダブルトラック化。以後、乗降客は、毎年順調に増加
平成7年(1995) ・6月1日:日本航空(JAL) 大分~関西路線開設、関西路線ダブルトラック化
・年間乗降客数200万人突破
平成8年(1996) ・5月30日:新貨物ターミナルビル竣工
平成9年(1997) ・3月14日:9番スポット旅客搭乗橋(PBB)竣工
平成12年(2000) ・3月:将来の旅客増に対応し、旅客施設サービス向上のため旅客ターミナルビルの増改築工事に着手
・7月1日:航空保安業務提供時間延長(13時間から14時間へ、7時30分~21時30分)
平成13年(2001) ・3月:国際線施設増築部分供用開始
平成14年(2002) ・3月1日:新旅客ターミナルビル供用開始
・3月30日:大分空港道路と大分自動車道を結ぶ日出バイパスが開通
・4月25日:第2の国際定期路線として大分~上海路線が中国西北航空により開設
・6月:日韓共催ワールドカップ(W杯)サッカー大会開催(大分にて3試合)
平成15年(2003) ・7月17日:空港~湯布院ノンストップ便(バス)運行開始
・9月1日:フェアリンク 大分~大阪(伊丹)路線の運航開始
平成17年(2005) ・12月27日:県北リムジンバス運行開始(空港~豊後高田市・宇佐市・中津市)
平成18年(2006) ・2月10日:国内線乗降客数が累計で5,000万人突破
平成19年(2007) ・7月1日:大分~沖縄線運休
平成20年(2008) ・8月1日:国内線旅客ビル到着動線用エスカレーター設置
・9月23日:国内線手荷物引渡所アートワーク「ようこそ大分~豊穣の海への誘い~」完成
・9月:チャレンジ!おおいた国体(大分国体)開催
・10月:チャレンジ!おおいた大会(障がい者スポーツ大会)開催
平成21年(2009) ・10月1日:県南高速リムジンバス運行開始(空港~臼杵市・佐伯市)
・11月1日:ホーバークラフト運休
・11月:国内線到着ロビー(手荷物引渡所)アートワーク「ようこそ大分~豊穣の海への誘い~」2009年度グッドデザイン賞を受賞
平成22年(2010) ・10月30日:大分空港駐車場 増枠(539台⇒696台)併用開始
・10月31日:スカイネットアジア航空(SNA)大分~東京線 就航
・12月1日:大分空港道路 無料化
平成23年(2011) ・3月25日:空港アクセスバス・タクシー乗り場リニューアル
・10月16日:大分空港移転開港40周年
平成24年(2012) ・9月1日:「ラウンジくにさき」オープン
平成25年(2013) ・3月31日:ジェットスター・ジャパン大分~成田線 就航
平成26年(2014) ・9月24日:ティーウェイ航空大分~ソウル線就航
・10月9日:ジェットスター・ジャパン大分~関西線就航
平成27年(2015) ・10月20日:大分空港駐車場 増枠(696台⇒712台)併用開始
・10月25日 ジェットスター・ジャパン 大分~関西線 運休
平成28年(2016) ・4月27日 国際線 免税店リニューアルオープン
・6月1日 足湯オープン
・9月15日 マンダリン航空 大分~台中線 定期チャーター便 就航
・12月28日 展望デッキリニューアルオープン

2015年12月現在